肌の黒ずみができる3つの原因

黒ずみが突然できたという経験がありますか?
黒ずみは印象が悪くなるので、一刻も早く解消したい黒ずみです。
今回は黒ずみがどうしてできるのか?
その原因をご紹介していきます。
これを知らなきゃあなたは危ない!

黒ずみは主に肝斑・産毛の処理・新陳代謝の低下が原因!

産毛・ムダ毛の処理の仕方

顔は全体的に皮膚が薄いため、産毛の処理で、カミソリを使ってしまうと皮膚はどんどん薄くなり、紫外線、乾燥、菌、ホコリなどが入ってきてつまりの黒ずみになります。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは28周期で古い角質を剥がし新しい角質を作る周期です。
しかしターンオーバーは年齢とともに伸びていきます。新陳代謝が悪くなるからです。
ターンオーバーが正常に働かないと古い角質が垢となって剥がれずにその場に蓄積され古い角質が溜まって酸化して黒ずみの原因になります。

3つの原因に共通していえることは、正しいケアをすることです!

例えば、肌は皮膚が薄いので擦ったりカミソリなど当てたりすることにより薄くなる為、洗顔も泡をのせるだけや産毛処理は脱毛の専門家にいって適切な処理をすることです。
皮膚が薄くなると外部からの刺激を受けてしまいその刺激により肌が乾燥してしまい乾燥肌へ。

肌の天敵は乾燥!!乾燥から肌を守るためには?

乾燥してしまうとくすみやすくなり代謝も悪くなるので、乾燥肌にならないように保湿成分の高いクリームやジェルを使って乾燥を防ぎましょう!!
よっぽど乾燥してるときはいつもより多く塗りラップを被せることにより、より効果がみられます!正しいケアをして綺麗な肌をつくりましょう!