皮膚科でする黒ずみの治療とは?

肌の黒ずみで皮膚科に行かれることを考える人も多いと思います。

けれど、実際にはどんな治療があるのか?
不安になってしまう人もいると思います。

今回は、肌の黒ずみでこまっている方向けに皮膚科でどのような治療を行うのか?
についてご紹介していきます。

皮膚科の治療は主に3つ

皮膚科で治療をするなら、どのような治療があるのでしょうか?
ここでは、黒ずみの皮膚科の治療でよく行われている3つの治療について紹介していきます。

ターンオーバーを正常化させるケミカルピーリング

ケミカルピーリングでは、皮膚の表面の薄い皮を剥がすことでターンオーバーを促し、蓄積したメラニン色素や古い角質を排出していく治療です。

ミクロの皮を剥がす事で、肌に新しい皮膚が作られる環境を整えてあげることで、肌本来のターンオーバーを促進します。

市販でピーリングができる商品がありますが、
自身ですることで薄皮ではなく、ごっそり皮膚を剥がすことがあり、
皮膚に炎症を起こすきっかけになります。

皮膚科で治療することで、専門の技術をもったスタッフが丁寧に行ってくれるため、安全にケミカルピーリングをうけることができます。

肌の悪い部分を死滅させるレーザー治療

シミやそばかす・肌の黒ずみなど肌の気になる箇所に高熱のエネルギービームを照射し、患部を破壊し、新しい細胞がうまれやすい環境を整えてあげる治療です。

レーザーを施術されている最中は、軽くちくっとした痛みはありますが、慣れてくれまば、気になる痛みでもありません。

悪い患部が死滅して、皮膚の代謝がよくなるので、コラーゲンや質の良い細胞が次々に生まれてきます。

レーザー治療をした後に肌質が変わったという方もいらっしゃいます。

イオン導入

微弱な電流を流す治療です。

主には、ガーゼで顔全体を覆った上から均一に微弱な電流を流していきます。

微弱な電流が、肌を作り出す有効成分を刺激して、肌を活性化させます。
ターンオーバーが不規則な方もイオン導入をしてから、肌に艶がでた。などの口コミも多く。肌に負担も少なく、患者にかかるストレスもないので、最近注目されている治療方法です。

顔に塗る薬液の種類で赤みが出る場合もありますが、薬剤師による独自の調合で、個人個人に合わせた調合も可能です。

もっともリスクがすくなく黒ずみの治療ができる一つと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?
黒ずみの治療で皮膚科にいくべきか迷っている人も多いともいますが、現在さまざまな治療が開発されています。

注意する点としては、病院や施術の種類によっては保険が適用されない場合もありますので、費用面では注意が必要です。

軽い黒ずみのあとなら、通販など販売せれている美白クリームを使用することもおすすめします。

市販で販売せれている美白クリームよりも高濃度で高品質な成分で作られている美白クリームはとても高い効果があります。

まずは、こちらを試してみてから、皮膚科の治療を検討してもいいかもしれません。