黒ずみの原因となる炎症後色素沈着のメカニズムとは?

的な色素沈着とできるメカニズムが少しことなります。

今回は炎症後色素沈着についてを知ってもらうために、詳しいメカニズムを紹介していきます。

炎症後色素沈着の原因は?

炎症後色素沈着の原因でもっとも考えられることは、皮膚に炎症が起こっていることです。

皮膚が赤くなっていたり、痒みや熱を帯びているときは注意が必要です。

炎症が起こっている皮膚の皮下組織では、炎症によって活性酸素が大量に発生して、メラニン色素が作られます。
メラニン色素は、皮膚が日光や外的な刺激を受けると皮膚を守るためにメラニン色素を作って保護しますが、こちらのとは違って、炎症が治まってくるタイミングで皮膚に現れるのが、炎症後色素沈着の特徴です。

炎症後色素沈着が発生し易い部位は?

ケガなどをし易い、肘・膝はケガをするなどして、バイ菌による炎症が発生しやすいです。
転んでケガをした時などは、キチンと真水で雑菌を落としてから、軽く消毒をしましょう。

消毒のとき注意することは、諸毒は感染症を防ぐために行うということです。
必要以上に消毒したり、マメに消毒をし過ぎると逆に炎症を引き起こす原因になりますので、注意が必要です。

炎症後色素沈着を起こさないためには?

炎症後色素沈着を起こさないためには、皮膚が赤くなったり、うっ血したような状態を見つけたら、早めに皮膚科に行くことをおすすめします。

炎症後色素沈着は一般的な色素沈着とは違い、痕が残る確率が非常に高く。
女性にとって一生残る黒ずみの痕ができる可能性が高いです。

自己ケアだけではなく、専門家の指導の元、ただし対策をしてきましょう。